ど腐れイラスト子育てブログ

ど腐っているイラストを中心とした3人の息子のネタ系子育てブログです。腐っていない漫画記事も突然公開されます。


お問い合わせ

クリックでこの漫画記事を読めます

スポンサーリンク

【作品】5歳の息子が描いた本がヤバイ

先日家に帰ると、長男の餃子君(5歳)が本を作ったから見てくれって言い出した。

おっけーおっけー。
子供の成長を感じるこういうのはほんと嬉しいよね。

一体どんな本を作ったのかな。
まずは表紙を見てみた。


f:id:zettan:20160510145645j:plain


太陽?

なんだろね。
太陽の本なのかな?

表紙ってさ、わりと大事な部分でさ、作家や出版社が頭を悩ませる所でもあると思うんだよね。

これは何が言いたいんだろうね。

ページを開けば分かるのかもしれない。



f:id:zettan:20160510145656j:plain

なるほど。
こいつはタフな戦いになりそうだぜ。

無数の青い筋と緑の点が2つ。
これはなんだ。
3Dなのか?

平行法かなんかで見れば浮き上がって来るのか?


「これは雨」

雨なのか。
いやでもこの緑の点はなんだ?
これが無ければ雨だってのは理解出来るんだが。

「それは次に書いたやつのインクが透けただけ」

今回は関係無かったみたいです。


f:id:zettan:20160510145707j:plain


こいつか。
この緑が貫通しやがったのか。
なんだ、誰なんだこいつは。

こいつのどこに過剰な筆圧が求められたと言うんだ。


「これは葉っぱだよ」


葉っぱなのか。

なるほど。
ひょっとしたら表紙の太陽で晴れを表現して、次の雨で植物が育つ。

この地球を大自然を表現しようという作品なのか。


しかしこの隣の青はなんだ。
ページが全て青で覆い尽くされている。
KinKi Kidsが言っていた青の時代とはこれの事だったのか?


「これは滝ね」


滝か。
あれだな、ちょっと甘くみてたんだけど、1ページ目のあの雨は思いの外降ってたんだな。

確かに2ページにまたいで雨が描かれていたもんな。


f:id:zettan:20160510145716j:plain


さぁ困ったぞ。

"この地球に降り注ぐ母なる太陽と雨の恵み。それはやがて緑を産んだ。あと、滝も産んだ。"

今ここね。

ここに来て謎の黄色と紫の物体ですよ。
これはさすがに解らんぞ。


「この黄色いのはレモンで、こっちはナス」

レモンとナス。
レモンは横置きで、ナスは縦置きなのかな?
プレイステーションみたいな?

でも何故!?

普段別にレモン好きでもナス好きでもないんだけどな。


"この地球に降り注ぐ母なる太陽と雨の恵み。それはやがて緑を産んだ。あと、滝も産んだ。先程の緑はレモンになったりナスになったりした。"

今のところこうですね。

ただね、もうページ無いのよ。
最後は裏表紙に絵が描いてあるので、それが事実上の最後でしょうね。

果たして完結に至るのでしょうか。


f:id:zettan:20160510145724j:plain


顔!?
ここでまさかの顔!?

でもここにも雨のようなものが描いてある。

これは何だろう。
この書籍は我々人類に何を求めているのか。
我々はどこへ、一体どこへ進めば良いのか!
それがここに描いてあるのならば、教えてくれ!


「これはね、お天気雨」


f:id:zettan:20160510160806j:plain

お天気雨。


"この地球に降り注ぐ母なる太陽と雨の恵み。それはやがて緑を産んだ。あと、滝も産んだ。先程の緑はレモンになったりナスになったりした。そしてその後、お天気雨になるのだろう。"




馬鹿…なのかな?