男の子3人子育てブログ~育児はコメディだ~

3人の息子のネタ系子育てブログです。子供らの奇行やパパ視点の子育てあるあるを中心に。奥様による漫画記事も突然公開されます。


お問い合わせ

クリックでこの漫画記事を読めます

広告

【子育て】外でオムツ捨てる場所が無い問題の解決法

外でオムツ捨てる場所無い問題ってあるよね。

いや、最近ショッピングモールとか公園のトイレにオムツ交換台が置かれている事が増えてきてて、これはホント有難い。

が。

交換したオムツを捨てる場所はほとんど無い。
オムツは基本的にお持ち帰りよ。

人生で女の子をお持ち帰り出来た事は一度も無いのに、オムツばっか持ち帰ってる。


子供を授かる前はさ、オムツ交換台がある場所には捨てるゴミ箱もあるんだろうと漠然と思ってました。

なんかセットになってる先入観ですよね。

オムツ交換台にはオムツ用のゴミ箱が。
油揚げ大好きイラン人のポケットには油揚げが。

こういうのはセットだと思ってました。


女子トイレにはサニタリーボックスがあったりするでしょ。

てめー何で知ってんだ?びしょ濡れの手でコンセント500回くらい抜き差しさせるぞって思うかも知れないけど、そのくらい僕だって知っていますから。

ちょっと間違えたふりして忍び込んでバレて、土下座するけど許してもらえず警察に突き出されれば分かることですからこのくらい。
簡単な事ですよ。


生理用品用があってオムツ用ゴミ箱が無いのはやっぱし臭いとか衛生面とかなのかなぁ。

だから僕は思うんです。
紙オムツはトイレに流せたらいいなって。

いや、分かりますよ。
越えなきゃいけないハードルは高い。
水で溶けなきゃいけない素材で作らないといけないのに、おしっこは吸収せねばならない訳ですから。

でもここは挑戦しなければならないハードルなのです。


少しでも尿の成分があると溶けないけど、水道水では溶けるみたいなの。

ここはメーカーにほんと頑張って欲しい。


これが厳しければあれだよ。
イカみたく細かく裂けるみたいなのとかね。
流せるレベルにまで細かく出来るっていう。


後は予めオムツにプロペラが付いていてドローンみたいにゴミ箱に飛んでっちゃうとか。


次に現実的な方法だと、オムツに予めミスターマリックが付いていて鳩に変えてもらうとかですかね。

逆にミスターマリックにオムツがついていてもいいかも知れない。
ミスターマリックがオムツを装着していればいいんですよ。

あれ?
むしろミスターマリックが出す鳩ってあれオムツだったんじゃねーの?
色も白いし。

ハンドパワーって指先からしか出せないものかと思ってたけど、股間からも何となく出せるのかな。
やんわり出せるのかな。

股間にも一応指先的な部分あるしね。